忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/18 10:28 】 |
文字は、一燈心燈
Keyword:ロレックス コピー  レプリカ時計  コピー時計 時計 コピー  ブランドコピー時計子供の時、よく聞く老人たちも、叱らない文化な野人は明き盲から脱出すると、目に一言、「斗大きい字も読めてザルにふさわしくないなら、靴にさんか」。そもそも、見識を広めて、知らないの文字を読んで、学校数年の本は恥ずかしいこと。
ふるさとの山の隅の中で、とりわけ読書人が多くないが、村に住んで東端の石のひげは読書人の優れたもので。高級小学校教師に、県塾を育成訓練して弎月、英語で話しても多少。七几年、彼は村の代講先生兼校長、往復で毎日家と学校の帰り道、村人に彼を見て、満面に笑みをたたえる、弓腰に石ひげ尊称一言、「石先生」。どの家が手紙も夕方に空に黒で拭い、小壷を探しに行き胡子家マッコリ、石。石ひげ手紙を広げて黄色のランプの下で、ぼんやりしているうちに火を、そっと咳出一声“阿はあ」?声、一字一句抑揚読んでて。まるでそれは紙の漢字が輝いて、真っ黒な夜を照らして、夜の茫漠として、人の心の中に撮って明るい。
文字、素樸な人々の目に霊性を1つの遥か遠い都市匂いを山の隅、山を隅のこの端の想いを撒播ごと旅人のそばに。読書は1度の心の洗濯して人々の野蛮で、軽はずみを迎え、無知幼稚で、文明、成熟した、知識礼儀がある。もし君も何年勉強して、あれらの古代木桌積み上げた手紙、図書、ノート、まるで心をこめてれんがの心霊スポット、各フロアごとに数え切れないほどの字句がポタポタと、ノック熱い胸の真ん中で、明らかに一輪の不屈の花、ぶつかって遠出する理想のドアは、演じている世代前に苦しい、生命の長い旅路。
愚かな私は子供のころ、天井を知らないから、啓蒙あの日からの夢を何度も読んで古今東西の逸品、毎日放課後、私もむさぼってあれらの漫画書、絵本、ゲームの本、唐詩宋の辞。いつも考えていて、私が読んでいる本は同じ年齢の人より多く、思わず心少しうぬぼれ。と思って、中学生になり、私が読んだ金庸氏の『雪山飛狐》《侠客行』『書剣恩仇録』『飛狐外伝』は自分を理解した中国の民間の歴史、そろそろいい誇示しばらくですね。国語の先生はある日私に教えて、金庸氏の小説「風花連日射白鹿をまとめ、笑书神侠倚碧鴛」、その後私はやっとわかる本は一生で読みきれないのは、本の中の精髄を心に刻む、文化の伝承は先人の輝きを、自分自身を筆の文字を、それは読書の意義。
私の故郷は秀流村、それは出た文学名人のところに、現代の有名な女性作家白薇は文字で起こして中国人、ガイドラインに中国人は自由を求めて、光、平和の文学の巨匠。村のレンガで灰瓦を物語っているここの歴史、あれらの壁縫い溝縦横浮かんで一つ一つの古诗のような文字。ペインに、それらの人々の知恵を見抜くことができ雕龙画凤と今日の水墨丹に匹敵する。建築技術は、歴代の有名人も何世代の人々の靑石碑文継承し、古い文字で記録の係譜に家族の千年の歴史で、人文の姿、倫理道徳。村の北端の地主の塾の中で、私はかつて読んだ本「村の年代記』などのノート、中の蝇头小楷、横縦のように房脊棟梁のように平らで、無難の、先一押えるまるで村の前の東江川、清らかな、波がきらきらと輝き。私が読んだ:民国肆年、白薇逃れるため両親の結婚を引き受け、壊した夫の家の鉄鍋、男装に逃げ込んで衡陽城、入学湖南第三女子師範転々と長沙まで県、洋行日本ですが、多くの愛国主義、反侵略、反封建の不朽の章。そのようなすぐに溢れるの蝇头小楷赤々と燃えていた団、私の靑春の胸にいるの字句;あの鋭い、銀河の中の星光大道漫遊加点宇宙。
今日まで、私は依然として信奉「三日読まない、面構え」の格言。暇の時にページを開いて新しい時代のネット閲覧美文、たまに1心得、パソコンの前で叩いて自分の文字。町へ行っては持ち帰って何冊の雑誌を読み、そして点燈。本のヒープ満機、文字をいっぱい書いて何冊のノートがないにもかかわらず、発展を功なり名を遂げた作家は、親類恩賞を一雅号「本の虫。虫は蝶になる、それに執着のあこがれの燈火の光は、知識靑年を犠牲に、勇敢に救国。「本の虫」の雅号、私は喜んだ。
かも知れない、普段の愚かさせる人は歩いてたり、その“女子がないのはそれこそ徳」「百无一用は書生」閉塞した人の心。しかし、文字だけで、一貫して燈心燈、人を知った选択、わかったひずみ、見つけた進歩階段。ごとに1つの文字は一燈心燈、読める文字ごとに自分の注入は一滴の真紅の血液、それから鼓動の心房の水の流出を伝う人体のすべての細胞を洗って、あれらの濁っセピアの血液に戻って心房を見直し、為替と株の真紅。
PR
【2012/02/26 17:13 】 | ロレックス コピー | 有り難いご意見(0)
<<もしあなたは飛ぶならば、傷の痛みは私は背負います | ホーム | かぎ針編みを魅了する - アイデア、ヒント&フリーパターンかぎ針テーブルランナー、壁掛け、かぎ針編みのカーテンを作る>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>