忍者ブログ
  • 2018.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/07/23 15:12 】 |
腕時計の紳士で 真珠や宝石ののようですレディース
聞くところによるとあるヨーロッパ、皆の紳士は平均的に3つの腕時計を持って、メータの名声を聞くイタリアの紳士の平均する腕時計の保有量を重視して更に8つまで達して、これらの腕時計は異なる服装を組み合わせることができて、各種の場所に対処して必要とします。
  ここの私達の言うのは流行するイタリアの紳士がどんな時計をつけるのではありませんて、イギリスの有名なスパイの007ジェームズを少し探究しにくるのですか?国のドイツの映画の中でつけたのはどんな時計です。ジェームズか?国のドイツはあまり流行しませんか?解答は明らかに否定的です。
  ROLEXロレックス、OMEGAオメガとSEIKOセイコー、最も007愛顧を受けるブランドで、これらのブランドが現れる時期は交替である側面から腕時計のブランドの発展の軌道を反映して、腕時計の映画の中での振る舞いもよくブランドの内包を解釈したのがと個性的です。
  第1モデルはROLEXロレックスです
   007が初めてスクリーンに上がるのがつけるどの腕時計ですか?
  資料はROLEX Submariner Ref.なことを明らかに示します6204。
  007原著の作者Ian Flemingは1963年の小説On Her Majesty's Secret Serviceの中で述べますが:ジェームズか?国のドイツの利用ROLEX Oyster Perpetualは身につける秘密兵器とします。しかし、1954年10月21日CBSの放送する白黒のテレビ映画Casino Royaleの中で、007のつけたのところが前の年ちょうど発表されたROLEX Submariner。この50分の長い映画は007情報員が初めてスクリーンの上で現れるのです。私達は彼がどうしてOyster Pepetualを使わないことを知らないで、ROLEX Submarinerがただ見たところ本当で悪くないだけであることを知っています。
聞くところによるとジェームズか?国のドイツはなぜROLEX Submarinerをつけるのか、恐らくこのような一層の原因がまだあります:国のドイツの原著の中の身分の背景はイギリス皇室海軍の指揮官で、作者Ian Flemingは本人もイギリス皇室海軍の将校・士官で、第2次世界大戦の時に、彼はまた情報部門の作業にいます。イギリス皇室海軍の軍用の時計のモデルはROLEX Submarinerです。
第1匹は007の使ったのROLEX Submarinerに、それからSubmariner James Bondと称されます。それとと今Submarinerモデルを比較して、相違はまだとても大きくて、たとえば:それは冠の肩のプロテクターを表していないで、冠を表して、ポインターの様子と同じくとても異なる小屋を表します。
  1962年、007情報員の第一部の大きいスクリーンの映画Dr. Noは取り出されて、板の中ショーンか?康のあの利演じる007のつけるもとのままさはROLEX Submarinerです。あの時のメーカーの広告に対する認識を越えないのは聞くところによるとまだそんなに強くありませんて、ROLEXは1匹のSubmarinerがショーンにあげることを賛助したくありませんか?康のあの利はつけて、映画監督は自分で使うでしょうるほかありません 、の包装(服装)を変えるNATO腕時計のバンドSubmarinerはショーンに貸しますか?康那利。この典故はまた今日の“007謎”あるいは“のROLEX”達に迷う流行になりました――…でしょう Submarinerのもと工場のカキ式の腕時計のバンドはNATO布に替えて腕時計のバンドをつくります。
PR
【2012/02/09 15:32 】 | ロレックス コピー | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<自由なかぎ針編みパターンを見つけること - バレンタインデー贈り物 2 | ホーム | あなたにどのようによけて十大を表す落とし穴を買うように教えます!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>